適した治療を選択する|【健康一番!】検便検査の重要性や聴神経腫瘍について把握していこう

聴神経腫瘍の治療方法を事前に確認しておこう!

適した治療を選択する

女医

聴神経腫瘍が発見されたら…

もし聴力の低下や耳鳴り、頭痛、めまい、ふらつきなどの症状が発生したら、すぐさま病院に行って検査を受けるようにしましょう。主に聴力検査を受けて、CTやMRIといったような画像検査も実施します。聴神経腫瘍の初期症状は耳鼻科関係のものが多いので、耳鼻科にて検査を受けることが出来ますよ。そこで聴神経腫瘍が発見されたら、MRI撮影をしつつ様子を見る方法や放射線治療、手術をして除去する方法があります。医師と話し合いながら適した方法を選択することが大事でしょう。

腫瘍が小さい場合

発見された聴神経腫瘍がまだ小さい場合だと、MRI撮影をしながら様子を見ていきます。この経過観察で今後の対応を医師と相談していきます。もし、腫瘍がだんだんと大きくなっていれば、放射線治療か手術で取り除いていきましょう。

放射線治療

聴神経腫瘍の治療の1つに放射線治療があります。この放射線治療を受けるためには腫瘍の大きさが3センチ以内であることが条件となっています。もし、腫瘍が3センチ超えた場合は放射線治療を受けることが出来ないのでしっかりと把握しておきましょう。聴神経腫瘍における放射線治療は身体への負担が少ないと言われており、入院の期間も短いです。なお、放射線治療では完全に腫瘍が無くなることやすぐに小さくなることはありません。放射線治療で腫瘍の成長を食い止めていくのです。現在、聴神経腫瘍での放射線治療はサイバーナイフやガンマナイフなどがあるので、チェックしてみましょう。

手術

3センチ以上にもなった大きな腫瘍は手術での除去を優先されます。また、大きさが3センチ未満でも腫瘍自体を取り除きたいと希望する場合も手術を行なうことが可能ですよ。手術を受ける魅力としてしっかりと腫瘍を取り除けること、腫瘍のサイズを小さくすることが出来る点が挙げられます。なお、聴神経腫瘍の手術は難しいと言われているので、手術を受ける場合は実績と経験を持っている医師に行なってもらうのが良いですよ。

広告募集中